page1
買った時は真っ黒だったこのリス。長い時間を経てようやくお庭になじんできました。
ショップのドアはイギリスのアンティーク。やはりその昔、カフェで使われていたそう。ドアノブは少し高いお買い物でしたが直感で購入。握るたびにこれにしてよかった!と嬉しくなります。子供の目線にあるためか来店されるお子さまがよく気付いて下さいます。
まだ知る人ぞ知る!?2Fカフェスペース。こちらはメキシコタイルでブルーとグリーンの鳥がなんとも言えない色合いで随分前に何の予定もなく買っていたもの。ようやく日の目をみることができました。ちなみに螺旋階段が苦手なdogが多い事と危険防止のため人間のみのスペースとなります。
dog fanの水場の蛇口は立ちウサギ。よくみると変な顔をしているところが逆にかわいくてつけたのですが使い心地(まわし心地?)はあまりよろしくはなかったです。きっちり閉めると不満たっぷりに背をむけちゃいます。(私のつけ方に問題ありですね・・)
ショップの目印にこの風見鶏を覚えて下さっている方が多いのですが、最近風見くじらが存在する事を発見!空をみるくじらってなんだか夢がありますよね。話はそれましたが、この風見鶏の下に白い椅子を置いています。少しでもお客さまが迷わずにいらっしゃいますように・・・。
おうちを建てる前この場所には小さなプレハブ小屋がありました。沢山の思い出がつまったこの小屋を取り壊す時からずっと飾っていたシュールなトカゲ。今にも動き出しそうでしょう?このトカゲがいる場所は、、、fanの水場のテラコッタのボウルをのぞいて見て下さいね。
コンランショップでフランスの鳥よけとして実際使われていると説明書きされていて購入したもの。ビー玉でできた目が光でキラリと光ります。これもよく見ると変な顔をしていますね。
自宅のポストの隙間に押し込んだアイアンのネコ。やっぱりビー玉できた目にひかれました。だんだん雨風にさらされていい雰囲気がでてきたなあって思います。